たるみ毛穴 症状 治す

たるみ毛穴の症状と治す方法

アラフォーになって気になり始める肌のたるみ。
同じ頃に気になり始めるのが毛穴のたるみです。

 

コラーゲンやエラスチンの減少で毛穴の周りを支えていたコラーゲンが緩んで毛穴を支えきれなくなってたるみ毛穴になってきてしまいます。
たるみ毛穴の特徴は毛穴の形が細長くなったり楕円形をしています。

 

毛穴の悩みというと毛穴の汚れや黒ずみ、角栓など。
女性の多くは毛穴のつまりや黒ずみを気にしてそれを改善するスキンケアをしています。
でもこのたるみ毛穴については実際にたるんできて始めて気にするようになることがほとんどです。

 

たるみ毛穴の改善方法としては毎日のスキンケアが大切です。
できれば20代のうちからきちんとケアしておく方がいいでしょう。

 

スキンケアに取り入れるのはビタミンC誘導体です。
ビタミンCは美白効果や抗酸化作用がありコラーゲンを増やす作用があります。

 

一口にビタミンCといってもいろいろなタイプの成分がありますが、その中でも肌への浸透を高めたビタミンC誘導体がおすすめです。
その中でもおすすめなのがAPPSと呼ばれるタイプのもの。
浸透力にすぐれており、肌の奥まで美肌成分を届けてくれます。

 

ビタミンC誘導体は成分表示上ではリン酸アスコルビル、APPSはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと表示されています。
美顔器を使って定期的にビタミンCのイオン導入をすると毛穴ケアに有効です。